スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフォルニア州 破綻

●アメリカのカリフォルニア州が事実上の破綻です。



 財政危機で「借用書」 米加州知事「7月末までに現金底をつく」

シュワルッツ


【シリコンバレー=田中暁人】米地方財政の悪化が深刻になってきた。大幅な歳入不足でカリフォルニアなど複数州が新会計年度入りした1日までに新年度予算案をまとめることができなかった。財政赤字の縮小策で議会と州政府が折り合えず、住民に身近な公共サービスの縮小も現実味を帯びている。

 財政危機を受けて非常事態を宣言したカリフォルニア州は市や町、民間企業、住民への税金還付などの支払いで、現金や小切手ではなく将来の支払いを約束する「借用書」の発行に踏み切った。シュワルツェネッガー州知事は2日の記者会見で「7月末までに現金が底をつく」と述べた。

 一方、米連邦準備理事会(FRB)は借用書の乱発が金融システムを揺さぶりかねないとみて警戒。預金者らに対し取引先の銀行が州の借用書を受け付けているかどうかや、いつ現金が引き出せるかなどを確認するよう注意を促した。(20:23)

出典:NIKKEI NET



6月の中旬頃は共和党は支出削減、民主党は増税を唱えていました。しかし、具体的な打開策もないまま・・・そして、カリフォルニア州は政府による救済も拒否されてしまいました。結果、公共サービスの予算はカットされ、質も量も低下の一途です。実際、カリフォルニア州の職員は1ヶ月に3日の無給休暇をとらされ、さらに、15%の給与カットとなりました。

現金も枯渇したカリフォルニアは1日、非常事態宣言を発し、17年ぶりにIOUを発行しました。IOUとは借用書のことです。これは10月以降しか換金できないようです、その時に、州に現金があればのいいのでようが・・・。しかし、リセッションに入り、失業者数も増加しているこの地域で現金の確保は難しいでしょう。連邦政府が債務保証しているのでカリフォルニア州がこけたら、アメリカも連鎖破綻するのでしょう。

●新型インフルエンザ

  コピー ~ WS000000




カリフォルニア州は貧困が拡大しています。失業率は26年ぶりに10.0%を超えました。そして、注目すべき点は新型インフルエンザの感染者数です。貧困と疫病がセットで社会的弱者に襲いかかっています。生活苦から食事が制限され、栄養不足による免疫力の低下から疫病の感染、拡大です。これに、デフォルトが加われば社会的機能は麻痺し、死に直面した人々が暴動を起こすでしょう。

●北朝鮮のミサイル
やはり、日本ではカリフォルニア州のデフォルトについてのニュースが大きく報道されているようには思えません。ネット上では嫌でも目に付くのですが・・・。差し替えるように、北朝鮮のミサイル発射のニュースが盛んです。CIA(アメリカ情報局)がマスコミを使って人々の目をそらしているのでしょう。ミサイルの発射でカリフォルニアの破綻報道を吹き飛ばす作戦として。第二次朝鮮戦争も現実味が帯びてきました。


今後、カリフォルニア州には注視する必要があります。ブラジルよりも経済規模が大きいので破綻による影響は世界へ飛び火するでしょう。経過を追うことで日本でも何が起こるのか予想できます。失業者の増加、貧困の拡大、疫病の蔓延、暴動などなど。そして、経済的混乱から目をそらすための朝鮮半島や中東の有事が同時発生するかもしれません。



ターミネーター(terminator)

terminate(ターミネート。断ち切る、終端、終焉、抹殺等の意)の名詞形。

反乱を起こした人工知能が指揮するマシーン軍と、それに抵抗する人間が互いに戦い合う近未来、人類側の抵抗軍指導者として一人の男が立ち上がった。彼の名はジョン・コナー。反撃に転じた人類に脅威を感じたマシーンは未来から現代に殺人アンドロイド『ターミネーター』を送りこんだ。目的は人類側の指導者を歴史から抹殺するため、指導者の母親となるサラ・コナーを殺害することである。
同じ頃、カイル・リースという男性兵士がサラの護衛という使命を帯びて未来から送り込まれる。人類の運命を分ける戦いは、今、1984年・ロサンゼルスで始まる事になった。(出典:Wikipedia)



一見、ばらばらに見える点と点が結ばれてきましたね。


スポンサーサイト

theme : アメリカ合衆国
genre : 政治・経済

楽天
QRコード
QR
*****
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。