スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンド

ロスチャイルドが奴隷ビジネスに関与していたという報道から。

 
250px-Cicatrices_de_flagellation_sur_un_esclave.jpg

(写真:Wikipedia)

奴隷ビジネスに関与か、と英紙 ロスチャイルドなど

【ロンドン27日共同】欧米を中心に世界で事業を展開する金融財閥ロスチャイルドと、英大手法律事務所フレッシュフィールズ・ブルックハウス・デリンガーが、英国で1830年代に奴隷制が廃止される以前、「奴隷ビジネス」に関与していたと、27日付の英紙フィナンシャル・タイムズが報じた。

 米金融大手JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカを含む多くの米金融大手が奴隷ビジネスに関与したとしてこれまで謝罪。ロスチャイルドなどは関与を否定してきただけに新たな波紋を呼びそうだ。

出典:09/06/27 21:09 【共同通信】


古代ヨーロッパでは奴隷を必要とする社会制度でした。農園や鉱山で働く奴隷は悲惨な境遇でしたが、高い教育を受けた奴隷は高額で売買されていた為に、大切に扱われたそうです。そして、中世ヨーロッパではオリエントとの貿易において主要な輸出商品でした。


z.gif


主にイギリスで金融業を中心に活動を続けるユダヤ系財閥、ロスチャイルド家。これが隠してきた1つの闇が表に出てきました。これまでは持てる力で抑えてきたのでしょうがが、出来なくなってきました。つまり、影響力が低下しているということです。実際、イギリスの金融機関の脆弱生が指摘されていて、ポンドの下落が続いています。英国の破産が近いのでしょうか。

関連:大規模な英ポンド売りと英国の破産

スポンサーサイト

theme : 政治・経済・社会問題なんでも
genre : 政治・経済

comment

Secret

楽天
QRコード
QR
*****
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。